研究室について

 生物機能変換学分野では、「微生物」を対象に研究しています。「微生物」と一言で言っても、その中には、下の写真の通り、原核生物の「バクテリア(細菌)」や真核生物の「酵母」と「カビ」などの多数の生物種が存在します。「微生物」には、「生物」として「動物」や「植物」に共通する性質がある半面、それぞれに個性(特性)を示すものもいます。本分野では、「微生物」に焦点を当て、「生物」に共通する性質とその特異な性質の両面を解析することにより、得られた成果を、「生物」の本質を理解することおよび我々の社会に還元することに繋げることを目指しています。

バクテリア(20,000倍) 酵母(1,000倍) カビ(400倍)
  「微生物」の顕微鏡写真  

Contact us
whasimot[at]kais.kyoto-u.ac.jp

沿革 (History)

 生物機能変換学分野は、京都大学食糧科学研究所 食糧設計利用部門 食糧安全利用分野に起源をもちます。1995(平成7)年4月、京都大学食糧科学研究所 応用微生物研究部門 助教授の村田幸作 先生が、初代教授として食糧安全利用分野を担当されました。2001(平成13)年4月、京都大学食糧科学研究所の閉所により、本学農学研究科に移行し、新たに京都大学大学院農学研究科 食品生物科学専攻 生物機能変換学分野が設置されました。引き続き、村田幸作 先生が教授として本分野を担当され、2013(平成25)年3月に定年退職されました(摂南大学理工学部 教授 生命科学科 食品微生物学研究室)。その間、村田幸作 先生は、細菌や酵母などの多様な微生物を対象に、基礎および応用の研究を展開され、その成果を複数のNature関連誌やCell Pressの雑誌に発表されました。また、Highly Cited Researcherに認定され、他の追随を許さない本研究分野の業績となっております(http://jb.asm.org/reports/most-cited)。村田幸作 先生の定年退職に伴い、2015(平成27)年10月より、本分野准教授であった橋本 渉が後任教授となり、現在に至っています。